固定金利型でも住宅ローン借換は必要なの?

住宅ローンは固定金利型とそして変動金利型があります。
変動金利型にしている場合は、その時の状態によって住宅ローン借換をすることが必要としています。
なので借換を検討しなければいけないのですが、固定金利型にしている場合、借換を検討しなくても良いのではと思ってしまうのですが、実は違っています。
なぜ固定金利型でも借換の検討が必要としているのかというと、それはもしかしたら借りている金利よりも大きく金利が下がっている状態になっているかもしれないからです。
固定金利はもちろん金利の変動がありません。
そうなると昔から住宅ローンをしている場合、ちょっと金利が高く設定されてしまっています。
昔の金利よりも今の金利の方がかなり低くなってくれていますので、そうなると今借換することがかなりお得になることでもあるんです。
なので固定金利型で返済をしている方は、是非今の固定金利型そして変動金利型に借換を検討してみてはいかがでしょうか。