住宅ローンアドバイザーの役割とは?

住宅ローンアドバイザーは、日本の民間資格です。
金融検定協会や住宅金融普及協会、全日本不動産協会など多くの法人が主催、認定を行っています。
この制度は、債務者となる消費者の収入やライププランを元に住宅ローンの基本的な商品内容と最適な返済プランの提案の知識を照明することを目的にしています。
私が住宅ローンの相談を金融機関で行った際、担当者が住宅ローンアドバイザーの資格を持っていました。
ローンに関する資格を持っているというだけで、専門知識を持つプロとして好感を持つことができました。
実際の説明でもローンについて詳しい説明があり、質問についても専門用語を多用せず、わかりやすい言葉だったので理解がしやすいと感じました。
また、返済プランについてもその場で作成し、幾つかのプランの提案もありました。
様々な選択肢から住宅ローンを考慮することができました。
対応の良さ、知識や提案力が豊富だったので、安心して利用することができました。
楽天銀行フラット35金利は安い?メリット研究!【おすすめの理由は?】