住宅ローン借り換えランキングでおすすめは?

ローンの支払いは金利が低くなれば総返済額が安くなるということは当たり前ですね。
返済期間が短期で金額が少ないショッピングローンなどは金利の影響を受けることは少ないですが、住宅ローンの場合は多額の融資を長い年月をかけて返済するので、数パーセントの金利でも総返済額に大きな影響を与えてしまいます。
例えば、支払期間が25年残っていてローン残高が2000万円有った場合、金利が2.
4%だと総額が2.
650万円です。
ところが、金利がたったの0.
3%上がって2.
7%になっただけで、総支払額は2.
750万円になってしまいます。
更に0.
3%上がって3.
0%になると合計額は2.
850万円まで上がってしまいます。
この試算では金利が0.
3%あがると、支払い総額が100万円増えるという結果になりました。
このように、具体的な金額をあてはめて住宅ローンランキングを研究してみると数字がリアルに伝わってくるので実感が出ると思います。